車のコーティング

ストレスの少ない調理器具を作るのに貢献しているフッ素コーティング

これから一人暮らしを始める方や、新婚さんなどで、新しくキッチン用品を買い込んで料理を学ぼうと考えているなら、まずはテフロン加工をした鍋やフライパンを買い揃えるのがおすすめです。
キッチンウェアの世界では、テフロン加工の名でよく知られた製品加工技術は、より一般的な名称で言えば、フッ素コーティングといいます。テフロン加工品、あるいは、撥水仕様の調理器具として販売されている製品は、多機能なフッ素コーティング剤で加工して、調理や片づけ、保存がしやすいように工夫されています。
フッ素コーティングした調理器具が備えている多くの機能のうち、調理に使うという観点から最も便利なものは、非粘着性です。テフロン加工品のフライパンで卵料理や炒め物を作っても、焦げ付いたりこびりついたりしないのは、この特性のお陰です。また、後片付けに関して役に立つ機能は、主として撥油性でしょう。これは、油をはじく性質であり、料理に使った油や食材から出た油が鍋に付着しないため、洗うのが楽になります。器具の保存やメンテナンス面で有益なのは防湿性です。この効果のお陰で、金物の調理器具も錆びにくくなります。
フッ素コーティングは、このような形で、使い易く手入れの楽な調理器具を市場に提供して、料理初心者のストレスを軽減するのに大きな貢献をしています。

耐水性と指紋防止性能を同時に付与できる多機能フッ素コーティング剤

タッチパネルを採用したデバイス類は、操作のためのキーボードなど他の部品を組み合わせて使用する必要がないため、軽量でモバイル性に優れているというメリットがあります。しかし、タッチパネルも万能ではありません。頻繁に使用している場合、あるいはデバイスが古くなってくると、タッチパネル上に蓄積した指紋や汚れによって、段々反応性が落ちてくるという問題があります。これを解決することが出来るのが、多機能なフッ素コーティング剤です。
タッチパネルに付着する指紋は、汚れとしては油汚れに該当します。タッチパネルは、人間の指先で操作するものなので、そこから出る皮脂が汚れの原因になるわけです。フッ素コーティングには撥油性という特性があるため、これにより皮脂がタッチパネルに付着するのを防止します。更に、フッ素コーティングを施したタッチパネルは、同時に防湿性、撥水性、すべり性などの特性も備えるようになります。そのため、湿気や水にも強くなり、また表面で指をスムーズに滑らせることが出来るようになるなど、タッチパネルの操作性も向上します。
フッ素コーティングは、このように、一種類のコーティング剤でありながら、タッチパネルの利便性を大幅に向上させるいくつもの付加的な特性を付与できる点が大きな特長であると言えます。

スマホの指紋付着防止に役立つ多機能フッ素コーティング剤

従来型の携帯電話からスマホが主流になり、大きく変わった点の一つに、ディスプレイと操作画面が一体化されたことがあります。この変化により、携帯電話のスリム化、形状の簡素化が進みましたが、代わりに、ディスプレイに付着する指紋が大いに問題視されるようになりました。
スマホの誕生で新しく浮上してきたこの課題を解決できるのが、多機能なフッ素コーティング剤です。スマホのディスプレイにフッ素コーティング加工を施すと、ディスプレイには、撥油性ならびに非粘着性、そしてすべり性という新しい特長が加わることになります。これによって、指紋の原因物質となる皮脂のディスプレイへの粘着が妨げられ、ディスプレイが汚れにくくより見やすくなります。また、するすると滑りが良くなるため、操作画面としてもより扱いやすくなります。
フッ素コーティングの多機能性は、これらに留まるものではありません。フッ素コーティング加工をしたスマホは、防湿性、撥水性により、耐水性と防錆性を備えることになります。固定電話と違って、スマホは、外出先で使用することが多い分、水や湿気に晒されるリスクが高い製品です。この点においても、フッ素コーティングは、スマホの利便性向上に大いに役立っていると言えるでしょう。


油・水・指紋などの問題を解決するにはフッ素コーティングを使用することをお勧めします。
フロロテクノロジーの『フロロサーフ』塗布することで指紋や汚れが付きにくくなり、除去も簡単になります。

Pick Up Contents

Top