車のコーティング

フッ素コーティングは飛散防止と耐熱性といった特徴がある!

スマホについた水滴

ガラス製品にとって落としたりぶつけたりすると割れること、熱により割れるといった問題があります。強化ガラスや耐熱ガラスであれば問題が解消できるものの、製造コストは高くなります。しかし、フッ素コーティングを利用することで、割れや熱に強いといった性質を負荷することができます。
ガラス表面にフッ素コーティングを施すことで、フッ素化合物の分子がガラスの飛散を防止してくれます。また、フッ素コーティングは200~300℃といった熱に耐えることもでき、加熱急冷による割れを防いでくれます。強化ガラスや耐熱ガラスのように高性能を求めないものの、万が一の際にガラスが割れ飛散してしまうことを防ぐことのできる対策としてフッ素コーティングは有効です。
最近では多機能なフッ素コーティング剤も多く販売されており、ガラス製品に塗布または噴霧することでガラス製品の表面を強化することができます。人体への影響を考慮したフッ素コーティング剤もあり、温水洗浄器でガラス製品の割れが発生することを防げる方法としてフッ素コーティングは効果的です。また、撥水性や撥油性、防汚性によりガラス製品の洗浄効果も高めることができ、汚れ落ちが気になる飲食店の食器やガラス製品の洗浄力アップにも多機能なフッ素コーティング剤は有効です。

Pick Up Contents

Top